HOME » 千葉県内の人気分譲地ガイド

千葉県内の人気分譲地ガイド

ここでは、千葉県内で分譲住宅が販売されている人気の高いエリアを紹介しています。

一番人気のエリアはどこ?気になる千葉県内の分譲地

新築の一戸建て分譲住宅を購入しようということになったら、まずは住みたいエリアが、果たして本当に住みやすいのか、どんな分譲住宅地が存在するか、調べるところからスタートです。

気になるエリアに売り出し中の分譲住宅があったら、ぜひ実際に足を運ぶことをおすすめします。夜や天気の悪い日も訪問できたらベストですね。

千葉市

県の中心ならではの交通アクセスの良さ、生活の利便性の高さがあります。市街地をはずれれば適度に自然もあり、基本的に住みやすいと言えます。

四街道市

県北部に位置し、市街地には公共施設やショッピングエリアがあり、市全体のバス交通が発達しています。

JR四街道駅周辺にはマンションや住宅地が立ち並び、東京のベッドタウンの1つとして発展。一方、自然も楽しめます。

市原市

面積は県内市町村で1位、東京都心部へのアクセス良好のエリア。沿岸部には工業地帯が広がっています。

一方、郊外には丘陵を利用したゴルフ場が多く、その数はなんと全国トップ。

松戸市

人口が県内第3位。市あげての子育て支援を行っています。交通アクセスが非常に良いのが特徴です。

水と緑が豊かな街として知られています。

柏市

県の北西部に位置し、JR柏駅周辺は商業施設などが集まっていて若者が多くにぎやかです。

市全体でみると自然や公園にも恵まれ、子育て中のファミリーにも住みやすい環境といえます。

流山市

つくばエクスプレスにより、都心と直結していてアクセスは良好。

子育てに特化した街ということで、30代~40代の人口増加率は県内トップです。

印西市

市民の約6割が3市にまたがる「千葉ニュータウン」の住民。緑豊かな住環境にありながらも、インフラが整備されていて住みやすいと言われています。

全国「住みよさランキング」、2012年以来4年連続で総合評価1 位です。

船橋市

県内西部に位置し、県内2位の人口を誇るエリアです。東京湾岸地帯には大工場が立ち並んでいますが、干潟も広がっています。

自然環境と都市機能の融和をめざすまちづくりが行われています。

習志野市

県の北西部に位置し、各方面への交通アクセスは良好。ほどよく田舎なので、落ち着いた暮らしがしたい方におすすめ。

昔は軍隊の街、今は文教都市で東京のベッドタウンの1つです。