HOME » 分譲住宅よくある質問に答えます » 大手メーカーと地域密着店、どっちがいいの?

大手メーカーと地域密着店、どっちがいいの?

ここでは、業者選びをする上で、大手メーカーと地域密着店のどちらがよいかについてまとめています。

どちらもトータルで任せられる

家を建てる場合の業者選びには。基本的に3つのパターンが考えられます。

まず1つめは、設計事務所に設計を依頼して建築工事を工務店に依頼する形。

2つめは設計と施工を同じ工務店に依頼する方法。

3つめは、大手ハウスメーカーに設計と施工を依頼する方法です。

大手ハウスメーカーも地域密着型の大きめの工務店も、建設する家の工法・構造は決まっています。

部材の生産から設計、施行、アフターサービスに至るまでシステム化され、知見が蓄積されていることが多いようです。

それに、同業他社の競争原理から、常に技術の向上が図られています。

プランには既存プランから希望のものを選択する企画型プランと、自由な間取りがつくれるフリープランとがあります。

企業としての信用に関わるため、どちらも納期の遅れはそう多くはないようです。モデルハウスで完成後のイメージがつかみやすいのも大きなメリット。

ただ、窓口は担当の営業マンだけなので、相性の良し悪しが大きく左右すると言えるでしょう。 

地域密着型店、ココがポイント

全国展開する大手ハウスメーカーは言うまでもなく知名度が高く、安心感が持てます。

また、住宅展示場も豪華で心くすぐられるでしょう。商品やサービスのラインアップもまちがいなく豊富です。

一方、地域に根ざしている地域密着型店は、対応エリアの風土や地盤、気候や近隣関係まで、地元ならではの細かな特徴や情報を熟知しています。

その分、独自のサービスや商品を展開したり、アフターメンテナンスなど、よりきめ細やかなサポートが期待できます。

また、長年にわたって地元で活躍する会社は地域の人々の信頼も厚いと言えるでしょう。

我が家もそうでしたが、住みたい希望のエリアがぼんやりと決まっている場合は、地域密着型の工務店に絞ると何かと効率的です。

様々なことにと親身になって相談に乗ってくれましたし、その割にはコストが割安で感激しました。

ワンポイントアドバイス

地元の工務店がよさそうだと感じたら、とにかく複数の会社に実際に話を聞きに行ったり、見学会やイベントに参加することをおすすめします。

会社の顔とも言える人たちとのコミュニケーションは、どのような会社なのかを見極める大きなチャンスです。