フレスコ

ここでは、千葉県内で23年以上の実績を持ち、新築一戸建て分譲住宅を展開するフレスコの、家づくりのこだわりや特長、対応エリアや分譲地情報、評判、会社情報などを紹介しています。

フレスコの家づくりの特徴とこだわり

究極の健康住宅「炭の家」

炭の家の構造説明イラスト
画像引用元:フレスコの公式HP
(http://www.frescohome.co.jp/iezukuri/sumi_about.html)

私たちは常に呼吸をしています。空気の善し悪しは健康に直結する問題で、家の中の空気環境は、家族のためにも真剣に考えなくてはいけません。 

フレスコの特許工法『炭の家』は、その名の通り炭の力を使って家全体の空気をキレイに保つことができる、画期的な健康住宅です。

炭はなぜ空気をキレイにするのか?

木や竹を炭化させた「炭」には、微小な穴がたくさんあります。その穴に空気中の水分や有害物質が吸着されるのですが、水分が少なくなれば湿度調整になり、有害物質が除去されることで空気が浄化されるようになっています。

最近は無垢材や漆喰といった自然素材を使用した家が人気ですが、そのような自然素材は有害物質を放出しないというだけで、炭のように除去まではしてくれません。

フレスコの『炭の家』では、1階床下と天井懐空間に、総量1トンの炭が敷設されます。炭の層を通して浄化された空気が、室内に取り込まれるという仕組みです。

メンテナンスは必要か?

定期的なメンテナンスが必要なのは換気口で、炭自体は半永久的に力を発揮し続けるので、入れ替えの必要はありません。

 「炭の家」のメリット

炭は空気をキレイにするだけでなく、最適な湿度を保ち、防塵の効果もあります。つまり、建材を腐りにくくしてくれたり、ストレスから解放してくれるマイナスイオン効果、消臭、電磁波を遮断してくれたり、と体に良いこと尽くし。また、換気システムに花粉フィルターが装着されているので、花粉症対策にもなります。おまけに喚気システムのランニングコストは、電気代1ヶ月400円程度です。

空気をキレイにする特許工法「炭の家」は、千葉県内ではフレスコしか扱っていません

EQU-HYBRID構法(エコ・ハイブリッド構法)

木造軸組工法の自由度に、2×4工法(枠組壁工法)のメリットを合わせた構法のこと。

地震に強く(Earthquake)、品質にこだわった(Quality)、独自の技術(Originality)により、可変性と維持管理性を高め、耐震性・耐久性・耐火性に優れた構造です。こうした仕様の家を建てることで、家族の住み心地だけでなく、家自体の資産的価値も高まります。

強い耐震性を裏付ける6つのポイント

  1. 建材の強さが特徴。無垢材固有の弱点をクリアする高品質の「単板積層材LVL(JWOOD LVL)の使用により、耐震性能が◎。
  2. EQOパネルにより、壁倍率の上限値5倍の構造強度を実現。
  3. 木材の接合部は専用金物とJWOOD LVLのハイブリッド構法により、長期安定化を実現。
  4. 地盤の安定化に対する取り組みが強み。GPSを取り入れた地盤調査システムを採用し、結果に応じた地盤改良を実施。安定確認後、裏付ける保証書を発行。
  5. 住宅を足元からしっかり支える基礎構造は、すべての住宅に耐震性に優れた「べた基礎」を採用
  6. 強度計算の徹底。長期優良住宅仕様にも適用した構造計算を全棟実施。構造全 体のバランスを計算し、設計している。

耐火性へのこだわり

断熱材は、人と環境にやさしい「アクアフォーム」を採用。すき間無く、隅々まで充填断熱が可能で、水に強くて経年変化にも対応できます。

さらに耐火性を裏付ける「省令準耐火構造」が標準仕様で採用されており、万一の備えも万全です。

安心へのこだわり

フレスコの分譲住宅は、千葉県で初めて、『木造住宅合理化システム<長期性能タイプ>』に認定されています。(平成25年1月1日、(公財)日本住宅・木造住宅技術センターより)

つまり、長期優良住宅のお墨付きが基本仕様の家でも付いてくるということなので、フレスコの住宅はどれを買っても最高品質という証明です。さらに、20年メンテナンスと20年保証システムもついていて、アフターサービスも安心です。

ZEH(ゼッチ)も建てられる

自宅のソーラー発電などで創るエネルギーと、家庭で1年間に使う消費エネルギーの収支がプラスマイナスゼロ、もしくは創ったエネルギーの方が上回ることを目指す次世代の住宅ZEH。余った電力は売電することもでき、環境だけでなく家計にも優しい住宅です。

市原市ちはら台東には、実際に ZEH 仕様で建てたモデルハウスもあり、ホームページから来場予約が可能です。

フリープランという選択肢

充実した企画型プランのほか、住む人が希望通りの間取りの家が建てられるフリープランも用意されています。分譲住宅でありながら住人の意向をくみ取った設計が可能で、わざわざ注文住宅を建てるより、費用も安く抑えることができます。

対応エリアと分譲地例・価格例

フレスコの分譲住宅は、千葉市を中心とした千葉エリアと、柏市・松戸市・流山市などを中心とした北西部の東葛エリアの2拠点で展開中。

  • 千葉市エリア(千葉中央区、千葉市花見川区、千葉市稲毛区、千葉市若葉区、千葉市緑区、千葉市美浜区)
  • 市原市、佐倉市、八千代市、四街道市、柏市、松戸市、流山市、我孫子市、野田市、船橋市、鎌ヶ谷市、市川市、浦安市

分譲地例:ウィンズコート池花 680万円~2,680万円、フレスコタウンちはら台 830万円~1,950万円、フレスコタウン常盤平 3,580万円、フレスコカーサ南柏 3,980万円、フレスコタウン西初石 3,380万円~4,280万円 ほか多数。

実際に千葉県の住宅展示場に行ってきました!レポートはコチラ>

口コミや評判

家を建てるなら信用できるところをと考えていたので、フレスコさんに決めていました。実は、鉄骨住宅も検討していたのですが、フレスコさんのこだわりの材料を見て、安心してお願いしました。

性能面だけでなく、フリープランで自由にデザインできることに魅力を感じました。住み始めると、新築特有のニオイが全くなく、料理のにおいが残らずびっくり。炭の家のすごさを実感しています。

注文住宅を建てるにあたって、こちらの要望をたくさんかなえて下さったにも関わらず、良心的な価格だったところが最高でした。

会社情報

  • 会社名:株式会社フレスコ
  • 所在地:本社・ショールーム‥千葉県千葉市中央区千葉寺町1210番地5、東葛支店‥千葉県流山市南流山7丁目34-18
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 定休日:第1・2・3火曜、水曜日