HOME » 分譲住宅よくある質問に答えます » 今さら聞けない?そもそも分譲住宅ってなに?

今さら聞けない?そもそも分譲住宅ってなに?

マイホームを買うことを決めても、分譲住宅や注文住宅など住宅販売の形態はさまざま。どのような住宅を購入すればよいのか悩んでいる人も少なくありません。ここでは、販売形態の中でも注文住宅と比べて比較的安価で購入でき、短時間で入居できる分譲住宅の特徴などについてわかりやすく説明いたします。

マイホームの購入を検討している人は参考にしてください。

そもそも分譲住宅とは?

住宅の購入を考えて資料に目を通しても分譲住宅とはどのようなものなのかいまいちわからないという人も多いようです。まずは、分譲住宅の特徴について確認していきましょう。

分譲住宅とは土地と住宅があらかじめセットになっているものです。場合によって完成した住宅と土地がセットになっていることも、建設途中の住宅と土地がセットになっているものもあり、住宅の仕様も価格や場所などで大きく異なります。

分譲住宅の主な特徴

  • 費用が安い

分譲住宅は分譲エリアに似たような住宅をたくさん建てて、それを分けて販売する形態が多いです。同じような仕様の住宅を多く建てるためにはたくさんの建築材料が必要になりますが、業者はこれらをまとめて仕入れます。これによって建築に関わる費用が抑えられるため、注文住宅などと比べて住宅の購入時にかかる費用も安くなる場合が多いです。

  • 入居までに時間がかからない

分譲住宅は住宅が完成した状態または住宅の建設中に販売されます。そのため、一から自分たちで考えて土地を購入したり、自宅を設計したりする注文住宅と比べて入居までに時間がかからないことも特徴です。

  • 設計士による設計

分譲住宅は土地に設計士が設計した住宅を建てます。そのため、一般人では手が届きにくいようなアイデアが詰まっている住宅に住めることが特徴です。

  • 住宅をイメージしやすい

分譲住宅は実際の住宅を見たり、モデルハウスを見学したりしたあとに購入を決定できます。そのため、住宅で暮らすことをイメージしやすく、失敗が少ないです。

  • 大規模な分譲もある

ニュータウンと呼ばれるような場所は大規模に土地を開発し、同じような仕様の住宅を建設して不動産会社が土地と住宅を販売します。このような大規模の分譲では整備された街並みに住むことができ、隣人も同世代であることが多いです。その一方で小規模の分譲では住宅の仕様はさまざまですが、周りの環境は整っていないこともあります。

住居形態は分譲住宅だけではありません。分譲住宅とともに購入を検討する人が多いのは注文住宅と分譲マンションです。それぞれの特徴を確認していきましょう。

注文住宅とは住宅を建てる人の希望を設計士やハウスメーカーなどに伝え、それに基づいて設計や施工を行ってもらう住宅のことです。あらかじめ設計された住宅を購入する分譲住宅と比べて自由は聞きますが、手間や費用もかさんでしまいます。

注文住宅の主な特徴

  • 間取りや外装を決められる

注文住宅は建築主の希望を設計士やハウスメーカーに伝え、それに基づいて住宅を建築します。そのため、間取りや外装などに関して細かい希望を考慮してもらえることがメリットです。

  • 土地と住宅を別に購入できる

分譲住宅は土地と住宅がセットで販売されていますが、注文住宅は土地と住宅を別々に購入できます。そのため、土地を持っている人はその土地を利用できることがメリットです。

  • 建築状況を確認できる

特に完成した住宅を販売する形式の分譲住宅の場合、施工を見学したり、使われている素材などを確認したりすることは難しいです。その一方で、注文住宅は建築中に状況を確認できるため、素材や施術方法を目で見て確認でき、安全性が高いといえます。

  • 入居までに時間がかかる

分譲マンションは住宅が出来上がった状態で販売されていたり、住宅の建設途中で販売されていたりします。そのため、家ができあがり、手続きが済めばすぐに入居ができますが、一からすべてを決めなければならない注文住宅は入居までに時間がかかってしまいます。

  • 完成形を見られない

できあがった住宅やモデルハウスを見学できたりする分譲住宅に対し、注文住宅は完成形を見られず、できあがりをイメージしづらいです。注文住宅を建て人の中にはイメージと異なっていたと、完成後に後悔をする人も少なくありません。

このような点から、分譲住宅に対して注文住宅はこだわりが強い人におすすめだといえるでしょう。

また、分譲住宅の購入を考えている人の中には分譲マンションと迷っている人もいます。分譲マンションとは賃貸とは異なり、購入して入居するマンションであり、分譲住宅と比べて次のような特徴があります。

分譲マンションの主な特徴

  • 自分の土地はない

分譲住宅は土地と住宅を購入します。その一方で分譲マンションはマンションのうち、一室のみを自分のものとして購入します。そのため、自分だけの土地を持つことはありません。

  • 立地が良い

分譲住宅は駅の近くなど立地が良い場所で希望の住宅を見つけられないこともありますが、分譲マンションは分譲住宅と比べて立地条件が良いことが多いです。

  • セキュリティー面が安心

家族のみで暮らす分譲住宅と比べて管理人や他の住人がいる分譲マンションはセキュリティー面で安心です。さらに、オートロックが付いていたり、警備が厳重だったりするマンションを選べば、安全性も高まります。

  • 自由が利かない

庭の手入れをしたい人やペットを飼いたい人などは分譲マンションより、分譲住宅の方が自由が利きます。また、マンションの役員などが憂鬱に感じる人も少なくありません。

  • 購入費が安い

一般的に、分譲住宅と比べて分譲マンションを購入するときの費用は安い傾向にあります。

  • 管理費などがかかる

分譲マンションは購入後も管理費などを負担しなければなりません。また、駐車場代金なども支払わなければならないため、将来的に費用がかさんでいくことが多いです。

このような点から、分譲マンションは分譲住宅に対して利便性が高い場所に住みたい人やセキュリティーを重視している人に向いているといえるでしょう。

分譲住宅が向いている人とは

注文住宅や分譲マンションと比べて分譲住宅が向いているのはどのような人なのでしょうか。

次の項目に当てはまる人は分譲住宅を検討してみると良いでしょう。

  • 土地はないが、一戸建てが欲しい

マンションではなく、一戸建てを購入したいと思っている人の中で、土地がない人には分譲住宅が向いています。分譲住宅は土地と住宅のセットであるため、土地と住宅をまとめて購入できて入居までにかかる手間や時間を省略できます。

  • 設計士やハウスメーカーにこだわらない

設計士やハウスメーカーにこだわらない人はさまざまな設計士が設計した住宅から自分の希望に近いものを選べる分譲住宅が適しています。

  • 簡単に一戸建てを購入したい

注文住宅を購入するためには間取りや内装を決めたり、希望を実現してくれる設計士を選んだりと手間がかかります。さらに、注文住宅は設計、施工とそれぞれの過程で費用がかかるため、予算の管理も大変です。その一方で決められたプランや住宅から自分に適したものを選べる分譲住宅は購入にかかる手間が少なく、費用も明確に決められているため、予算管理をしやすいです。

まとめ

あらかじめ決められた住宅と土地をセットで購入できる分譲住宅は手間をかけずに一戸建てを建てたい人に適している住居形態です。注文住宅や分譲マンションなどの住居形態と比べてさまざまな特徴があるので、住宅の購入を検討している人はしっかりと考えて選びましょう。